YKさいほく様の扉加工

YKさいほく㈱さまの扉加工の加工風景をアップさせていただきました。

シダ材を使った、高級1品物の扉です。

職人さんが時間と手間をかけた製品にNC加工を施すのは、緊張の一瞬です。

 

中心部分が膨らんでします。写真では伝わりにくいかもしれません。

NC加工後、手加工でウズクリ加工という加工をするそうです。

 

※うづくり加工とは?
・木目の固い部分を残し、柔らかい部分をブラシで削る事により木目の凹凸を強調します。
・木の木目による陰影が強調され、表情が豊かになります。
・木の表面に強い材が残り、傷などに強くなります。
・木の木目を触って感じる事ができます。

 

実はこちら、コンピュータのプログラムを製作するのに2日間。コンピュータ加工に3日間のお時間を要しました。

それだけに、完成した材料を見ると涙が…。

嬉し涙です。木の表情が引き立っていて、独創的な扉の製作をお手伝いさせていただきました。